So-net無料ブログ作成

正しい日本語

おはようございます。
正しい日本語を使いたい坂口理恵です。


暑いですね。
暑いと人はイライラするものです。

私の最近のイライラ聞いてください。

近くのコンビニにいる店員さん。
私よりお姉さまなのだ。
その店員さんのレジに並ぶと、まず言われる。
「ポイントカードの方は、よろしかったでしょうか」

……間違っている。
二重に間違っている。

「ポイントカードの方」ではない。
「ポイントカードは」だ。
他に、どの方があるのだ?

「よろしかったでしょうか」じゃない。
「よろしいですか」だ。
私は、今、あなたのレジに到着したのだ。
今、初めて接触したのだ。
「なう」なのだ。
それなのに、なぜ「よろしかったか」と聞かれるのだ?
なぜ、今なのに過去形で聞かれるのだ?

う~。
バイト敬語!

疲れて帰って来て、家まであとちょっとの所で立ち寄るコンビニ。
主にビールを買う。
あとちょっとで家なのだ。
そこでこの「よろしかったでしょうか」を聞かされる。
一気にイラッとして、店員さんを正したくなる。
「その言葉、間違ってます」と。

やらない。
できない。
だって、悪気無く使ってるんだもの。
仕事はちゃんとやってるもの。
言葉以外は……。

問題は、そのお姉さまが私より年上であるということ。
ならば、正しい日本語知ってるだろと、思ってしまう。
昨今の若者なら諦めもつく。
その言葉で育ってしまったのだろうから。
でも、この年でバイト敬語に染まらなくてもいいじゃないか!

ハア、ハア、ハア……。

す……すみません。
自分だって変な言葉喋ってるんですけどね。
一応、役者なもんで。
ウチ「ら」抜き言葉とか禁止だし。
ボスが国語教師だったもので。

選択が迫られる。
そのコンビニで冷えたビールを買うのを諦めるか?。
そのお姉様を「お嬢さん」と思って諦めるか。

……ビールは諦められないだろうな。

小さな私の小さなイライラ話です。


ラブリ~なハイビスカス。

KIMG0688.JPG

……人の家の。
でも、癒されます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。