So-net無料ブログ作成
検索選択

正しい日本語

おはようございます。
正しい日本語を使いたい坂口理恵です。


暑いですね。
暑いと人はイライラするものです。

私の最近のイライラ聞いてください。

近くのコンビニにいる店員さん。
私よりお姉さまなのだ。
その店員さんのレジに並ぶと、まず言われる。
「ポイントカードの方は、よろしかったでしょうか」

……間違っている。
二重に間違っている。

「ポイントカードの方」ではない。
「ポイントカードは」だ。
他に、どの方があるのだ?

「よろしかったでしょうか」じゃない。
「よろしいですか」だ。
私は、今、あなたのレジに到着したのだ。
今、初めて接触したのだ。
「なう」なのだ。
それなのに、なぜ「よろしかったか」と聞かれるのだ?
なぜ、今なのに過去形で聞かれるのだ?

う~。
バイト敬語!

疲れて帰って来て、家まであとちょっとの所で立ち寄るコンビニ。
主にビールを買う。
あとちょっとで家なのだ。
そこでこの「よろしかったでしょうか」を聞かされる。
一気にイラッとして、店員さんを正したくなる。
「その言葉、間違ってます」と。

やらない。
できない。
だって、悪気無く使ってるんだもの。
仕事はちゃんとやってるもの。
言葉以外は……。

問題は、そのお姉さまが私より年上であるということ。
ならば、正しい日本語知ってるだろと、思ってしまう。
昨今の若者なら諦めもつく。
その言葉で育ってしまったのだろうから。
でも、この年でバイト敬語に染まらなくてもいいじゃないか!

ハア、ハア、ハア……。

す……すみません。
自分だって変な言葉喋ってるんですけどね。
一応、役者なもんで。
ウチ「ら」抜き言葉とか禁止だし。
ボスが国語教師だったもので。

選択が迫られる。
そのコンビニで冷えたビールを買うのを諦めるか?。
そのお姉様を「お嬢さん」と思って諦めるか。

……ビールは諦められないだろうな。

小さな私の小さなイライラ話です。


ラブリ~なハイビスカス。

KIMG0688.JPG

……人の家の。
でも、癒されます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

挨拶

おはようございます。
久々に虹を見た坂口理恵です。

KIMG0723.JPG

見えるでしょうか?
昨日の夕方の出来事。
心が洗われます。


昨日に引き続き高校野球部のお話をもう1つ。
こちらはお気楽なヤツです。

「ちょうーすっ!」
これ何だかわかります?
うちの野球部の挨拶です。
高校に入ったら、あちこちでこんな声が聞こえて……。
しかも、かなりな大声です。

「ちょうーすっ!」
「ちょうううーーーーーーーーすっ!」
変だろ!
つーか意味わかんねぇーし!
で、野球部に入ったヤツに聞いてみた。

「あれは野球部伝統の挨拶だから」
「は?」
「学校の中で先輩にあったら大声で挨拶するの」
「変な挨拶だよね?」
「え?こんにちはだよ」
「え?」
「こんにちはーすっ」
「……」

こんにちはっす!
が↓
こんちゃーす!
になって↓
ちょうーすっ!
↑になったらしい……。

それ、おかしいだろーっ!

野球部はとにかく先輩に対する礼儀を求められる。
そして大きな声を出すことが活躍に通ずる。
たとえベンチを温めていても、大きな声で試合に参加する。
それの最たるものが、この挨拶に凝縮されているのだ。

こんにちはは他にも、
「ちゃーっす!」
「んちゃっす!」
「ちゃす!」

ありがとうございましたは
「あしたぁ」
「ありざっす」
「したぁ!」

お願いしますは
「おっしゃ~っす!」
最終的には
「しゃす!」
とかあるらしい。

……もう礼儀とかじゃない気がする。
本来の目的からズレてないか?
逆に失礼じゃないのか?

とにかくこれが野球部の文化だった。

一方、我が美術部はと言えば、
「アイスじゃんけんやろうぜ~」
と言い出しっぺの部長が負け、
自ら全員分を買いにパシるという……
平和な国でした。

今日は暑くなります。
水分とって頑張りすぎないよう頑張りましょう!

では、きまっっっす!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

透明な夏

おはようございます。
甲子園を夢見たことのある坂口理恵です。

いやいや。
夢に出てきたとかじゃなくて。
そういう名前の居酒屋じゃなくて。
行きたいと思ったのです。


昔々、昔過ぎる昔。
高校生の頃、他校の野球部の人とお付き合いしていた。
その人とは中学が一緒。
でも、お互い好きだとわかったのが卒業後。
だから他校同士の遠距離恋愛になった。

付き合うと言っても田舎の高校生。
しかも大昔の。
朝、通学の電車に一緒に乗るというそれだけのモノだった。
……顔から火が出そうだ。

彼は野球部なので朝練がある。
だから、私が彼に合わせて毎朝早朝の電車に乗った。
手を繋ぐわけでもなく。
今のようにLINEもなく。
ただ早朝に電車に乗るだけ。
……頭から煙りが出てきた。

彼はルーキーの頃の原辰徳に似ていた。
断じて、オッサンになってからの原ではない。
彼はピッチャーで、野球はかなり上手かった。
県でも一二を争う野球の強豪校に進学した。
ある日、
「君を甲子園に連れて行く」
と言われた。
……灰になりそう。

別の学校だから、連れて行くも何もないんだけどね。
勝って甲子園に行くから、ついてきてくれと……。
そういうことです。

もちろん応援に行きましたよ。
他校の試合に。
勝ち進む度に学校抜け出して。
うち公立で制服なかったからラッキーです。
夏の暑い日。
ドキドキしながら一人で何度も球場に向いました。

でもね、負けてしまったんです。
惜しい所で。
かなり強かったんで、もしかしたらと思ってたのですが。
マンガのようにはいかないもんですな~。

でもね、
「達ちゃん、南を甲子園に連れてって」
よりも何十倍もカッコよかった。
「君を甲子園に連れて行く」
果せなくても、そう言い切ってくれた彼はカッコよかった。
それを実現させようと汗を流し。
それを見届ける為に学校を抜け出し……。
人生の中で、あんなに透明な夏は、もう来ないだろうな。
あ~あ~。

今でも、彼の高校の名前を見るとドキッとします。
今年は出ているかって?
「う~ん、どうでしょう!」
↑長嶋かっ!

透明なミョウガの花。

KIMG0702.JPG

収穫し損ねると、地面からレモン色の花を咲かせます。
「おい!ここだぞ!」と。
花も冷奴と一緒に頂きました。



nice!(0)  コメント(0) 

深まる溝

おはようございます。
文字変換に驚かされる坂口理恵です。

昨日、新幹線の中で仕事をしていた。
PCだと重いので、タブレットを使う。
この人とはあまりお仕事をしない。
出先での調べのもや、画像データチェックに使う。
だから、文章を打ったりはあまりしない。
でも、急いでるのと手軽さで昨日は選んだ。

(木)と打とうとした。
打ったら「木材」と勝手に変換されてでてきた。
……ああ、久しぶりだしな。
まあ、無くもないか。
気持ちを落ち着けて、もう一度(木)と打った。
「百草園(もぐさえん)」と変換された。

……百草園!?
あれか?
京王線で行く、日野市の日本庭園か?

「も」の変換で真っ先に現れるのが「木材」?
次が「百草園」?
私は何の職業をしているのだ?
百草園の設備の修理を頼まれて木材を発注するのか?

女優なのだぞ!
一応。

……仕事が進まない。
新幹線の中で文章を作っているのだ。
急いでいるのだ。
いちいちキレている場合ではない。
落ち着け!

気を取り直して先に進む。
(月)と打ったつもりだった。
0秒で「月桂冠」と変換された。
新幹線の座席から転げ落ちそうになった。
……それは日本酒の銘柄。

私がかつて、このタブレットで打っただろうか?
「月桂冠美味し!」とでも?
ない。
ありそうだが断じてない!

……ナメられているのか?
AIの氾濫か!?
↑関係ない。

この攻防が2時間30分ほど続いた……。

暫く使用していないと別人格になってることないですか?
重いけどやっぱりPCにすれば良かったと後悔の旅でした。

こんなこと思ってると、また距離が広がるかな?
不安。
「晴れたら空に豆まいて」のアクセスだって、これで打つんだからな!
頼むよ~う。

今回の旅のお供。
仕事をする時はショート缶。
……あ、ショートじゃなく普通か?

KIMG0713.JPG

冷めていてもハンバーグが美味しい……。
こちらは、いい仕事できています。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

進行形の夜

おはようございます。
ハシゴをしてきた坂口理恵です!

飲み屋のハシゴはよくします。
1軒目2軒目3軒目……。
昨日は芝居のハシゴです。
1日に2本、昼と夜観るわけです。

若い頃はよくやってました。
観たいものがいっぱいあったら、まとめて観る。
いや~、体力あったな~。
今は滅多にしませんゼ。

1本目は上野で知り合いの芝居を。
出演者は若い方が中心。
でも、そこがkeyになっている。
何度も再演されてるのがよく分かる。
秀作!
満足した。

芝居で満足したので、「浜ちゃん」にて遅めのランチ。

KIMG0707.JPG

お気に入りの海老天、ゲソ天、舞茸天。
お休みなので、もちろん飲む!
ちょっとほろ酔いで、道を行きかう人を眺める。
これが最高に気持ちいい!
休日バンザイ!

お腹が満足したので2本目の日本橋に向かう。
酒気帯びだけど大丈夫。
電車です。
電車。

私は酒を飲んだぐらいでは寝ない。
2幕物だったりすると劇場でも飲む。
もちろん軽くだ。
軽く1杯だけですよ。

芝居を観る。
酒を飲む。
至福の時。
いい芝居を観た後は、酒が美味い。
つまらない芝居を観た後は――――
それはそれなりに楽しい。

「何がよくなかったのか」
「もっとどうすれば面白くなるのか」
「自分ならどうするのか」
等を、無責任に仲間とワイワイ語る。
芝居がツマミになるのだ。

昨日は、良い役者が出ていた。
それだけで最高のツマミになる。
美味い酒が飲めた。
満足。

劇場にて私のファンだという方にお会いした。
まあ、貴重な!
まあ、珍しい!

「観てました!」「好きでした!」も、嬉しい。
でも「観てます!」「好きです!」は、もっと嬉しい。
「好き、なう」ってことでしょ?
贅沢です。
一秒でも自分が愛されてた時間があったら感謝です。
それが現在進行形ならば尚更です。
まだまだ進行形であるよう努力せねば――――
と、思った幸せな夜でした。

ありがとう。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

明治座の夜

おはようございます。
明治座を堪能してきた坂口理恵です。

大地真央主演『ふるあめりかに袖はぬらさじ』行ってきました。
例の、増上寺「地蔵尊盆踊り大会」で当たった明治座賞です。
S席です!
良いお席です!
Kちゃんありがとう!

明治座名物、のぼり旗。

KIMG0695.JPG

テンション上がります。
お金かかってます!

幕が開くと、艶やかな着物姿のお姉さま方が舞台いっぱい!
お金かかってます!
センターに大地真央さま!
割れんばかりの大拍手の中、歌と踊りでスタート。
いいです!
商業演劇です!
お金かかってます!

時代は、開国か攘夷かに揺れる文久元年。
舞台は、開港したばかりの横浜の遊郭。
時代劇だけど音楽劇。
歌あり踊りあり笑いあり。
お調子者の三味線芸者「お園」を大地真央がテンポよく演じる。

KIMG0696.JPG

大地真央さま、喋る喋る喋る喋り倒す!
笑いを取る。
三味線を弾く。
歌う、踊る、酔っぱらう、悪態をつく、笑う、泣く。
彼女の一挙手一投足で客席が揺れる。
それはもう全身全霊でおもてなししてくれた。

おもてなし。
そう、エンターテイメントはおもてなし。
全てはお客様に楽しんでもらう為のもの。
豪華な衣裳、舞台美術、役者の美しさは目を楽しませる。
音楽、歌声、セリフの心地良さは耳を楽しませる。
ダンスで心を躍らせ、殺陣で気持ちをハラハラさせる。
どんなに体がボロボロでも。
心が悲しみで溢れていても。
自分の全てをお客様の為に捧げる。

昔々、箸にも棒にも掛からない役者だった頃。
新人練習なるものに頭を悩ませていた。
華の無い役者だな~と落ち込んでいた。
時々、宝塚劇場に足を運んだものだ。

お金が無くて一番安い席に座る。
それでも華やかな世界がこちらまで届く。
端っこで踊っていても飛び込んでくるダンサーの笑顔。
踊るし、死に際に歌うし、とにかく別世界だ。
でも、これも演劇で、私がやっているのも演劇。
勉強したというか、勇気をもらって帰った記憶がある。

全身全霊で人を楽しませようとする人がいる場所。
それがエンターテイメントのある所。
潔い人たちがいる所。
震えが来るぐらい、それは美しい。
私はそういう場所が大好きなんだと思う。

頑張ろう。
頑張ろう。
まだまだ頑張ろう。


おまけ。

私も明治座の舞台に立ったことがあるのですよ。
へへへ。
名前入りの暖簾を頂いたのさ。

100829_151320_M.jpg

2010年『つばき、時跳び』。
明治座、楽屋前にて。
懐かし~い。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

飲む前に飲む

おはようございます。
スタミナバッチリな坂口理恵です。

昨日作った鶏レバー八角煮~♪

KIMG0689.JPG

朝からすみません。

酒、お醤油、しょうがスライス、唐辛子、八角。
煮て冷ますだけの簡単ツマミ。
血抜きだけちゃんとやれば大丈夫。
八角は少量~お好みで。
私は効き過ぎぐらいが好きです。

もちろん、作っている最中も飲みます。
出来上がったら本格的に飲みます。
どっちか飲むなよ!
とも思いますが……イヤです。
下ごしらえをしながら飲み。
鍋を火にかけながら飲み。
味見をしながら飲み。
仕上がるのを待ちながら飲む。
そして出来上がってから本格的に飲む!
楽し~い!

どんなの出来るかな?
と想像しながら飲むのです。
この先の楽しい酒を想像しながら飲むのです。
バカです。
良い子は真似をしないように。

よーし、スタミナバッチリだ!
今日はお芝居観に行くぞ~!


さて、チケットの状況ですが……。
な、何と!
お席がほぼほぼ埋まってきてしまいました。
皆さん、ご予約ありがとうございます。
残りが少なくなってきました!

例によって当日券も出せるようにします。
……が、お出しできる枚数が少なくなるかもです。
ご予定が立つ方は、お早目のご予約を!
オススメは9/2(土)の夜。
19:30開演だけど上演時間は90分。
土曜の夜は、まだまだ終わらないゼ。

ARMs PRESENTS
愛すべき娘たち

9/2(土) 16:00 ←お急ぎください
9/2(土) 19:30 ←☆オススメ!
9/3(日) 12:30 ←お急ぎください
9/3(日) 16:00 ←お急ぎください

会場 代官山ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」
   東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
   http://mameromantic.com/

料金 4,000円+1drink (整理番号付き自由席)

チケット取扱
ぴあ 0570-02-9999(Pコード:480-239)
http://w.pia.jp/t/arms/ (PC・MB共通)



nice!(0)  コメント(0) 

危険な1人遊び

おはようございます。
声に出してみた坂口理恵です。

『愛すべき娘たち』音読してみた。
パラパラと台本をめくり、ちょっとだけ読む。
ちょっとだけだよ。
もう寝なきゃいけないし。

……最後まで読んでしまいましたとさ。

何やってんだ。
しかもちょっと泣いた。
……何やってんだ。
目が少し腫れているではないか!

『愛すべき娘たち』読み出すと止まらない。
まず冒頭で笑って、
「ああ、この先がまた笑えるんだよね~」
と思うと進んじゃって、
「この後のシーンがまたいいんだよね!」
と思い更に進む。

「何だよこのセリフ。泣かせるな~」
と感心し、
「この瞬間の空気がたまらないんだよね~」
と浸り……。
気が付けば夜中に一人でカーテンコールを迎えていた。

バカか私は……。
バカです。


この脚本はテンポが決まっている。
決まっているというか、ベストな状態がわかる。
だから役者がみんなそれに合わせて喋る。

真柴さんが「トン」と切り込む。
緒方っちゃんが「フワリ」と置く。
登場人物のセリフが、本人の声でテンポで再生される。
そこに音楽が入ってくる、勝手に。
だって、そのセリフの後には絶対に入るから。
……だから止まらない。

これは1人遊びというか……妄想ゲームじゃないのか?
1人愛すべき娘たちごっこじゃないのか?
私、ただのコアなファン状態ですよ……。

上演台本あれば、皆さんでもできると思います。
持ってないってば!
なので、ぜひぜひ本物を再び三度体感してください。
来月の今日9月3日(日)は千穐楽です。
いつもよりステージ数少ない限定復活公演です。

『愛すべき娘たち』
9/2(土) 16:00・19:30
9/3(日) 12:30・16:00

ご予約はお早めに。


ベランダ栽培のバジルと大葉。

KIMG0675.JPG

メキメキ育って食べるのが追い付かないよ~ぅ!
こりゃジェノベーゼソース作らなきゃ……。
いつだよ?いつ?





あと一月!

アロハ~。
坂口理恵です。

KIMG0684.JPG

お部屋のちょっと好きな一角。
出かけたい気持ちが和みます。

大きな旅行カバンを引いた人いっぱい見かけます。
国外へ脱出でしょうか?
私もついていきたい衝動にかられます。
皆さんの中にもいらっしゃいます?
行ってもいいです。
行ってもいいから帰って来てくださいね。

そうです来月9月2日(土)ARMs初日です!
あと一月。
代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」。
またあの空間に立ちます。

『愛すべき娘たち』の初演もあの場所でした。
緊張は……したのかな?
でも緊張よりは、とにかく楽しくて楽しくて仕方がなかった!

真柴さんの「麻里」。
緒方っちゃんの「健」。
またあの二人に会えることが本当に嬉しい。
演奏と歌が溢れる贅沢な空間。
たくさんの笑いと、涙。
終わった後に、ブワーッと気持ちが温かくなる。
自分の大切な人に感謝したくなる。
不思議な空間。


緊張はする。

でも、無駄な緊張は一切ない。

相手からどんなボールが飛んで来るのか待つ緊張。

自分が返したボールがどこへ飛んで行くか見守る緊張。

その緊張に音があるとしたらドキドキ、ワクワク。

その幸せな時間を、一緒に過ごしてください。

楽しんでる私たちを楽しみに来てください。

絶対の愛と自信を持ってお届けします!


ARMs PRESENTS
愛すべき娘たち

原作  よしながふみ(『愛すべき娘たち』白泉社刊)
脚本  真柴あずき 演出 ARMs

出演  緒方恵美 坂口理恵 真柴あずき
ゲスト 木下政治 笹川亜矢奈  pf.岩瀬聡志 gt.目木とーる

2017
9/2 sat. 16:00/19:30
9/3 sun. 12:30/16:00

4ステージ
開場は開演の30分前。上演時間は90分です。

会場 代官山ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」
   東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
   http://mameromantic.com/

料金 4,000円+1drink (整理番号付き自由席)

チケット取扱
ぴあ 0570-02-9999(Pコード:480-239)
http://w.pia.jp/t/arms/ (PC・MB共通)


HP www.nevula.co.jp/arms

お問い合わせ
ARMs  arms@nevula.co.jp
晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880
待ってるよ~ん!



私の海

おはようございます。
海が恋しい坂口理恵です。

8月になりましたね。
もう、レジャーの予定はバッチリですか?
お盆を過ぎるとクラゲが出るから海は早めに。
……なんてことを子供の頃、聞きました。

大人になると、あまり海に行きません。
行っても海には入らなかったり。
海は磯くさいし塩でベトベトするし――――
ハワイや沖縄でもなければ、海に入らないかな?
大人にとって海は眺めるもの……なのですかね。

子供の頃は、お構いなしです。
日焼けもドンと来いです。
でも長野県だと海がありません。
新潟の海に繰り出していました。

夜が明ける前に車で出発して。
昼前には新潟の海で泳いでました。
その当時で3~4時間かかりましたかね?
大変だったので海に行くのは1年に1度でした。

前の晩から浮き輪を膨らませて。
弟と一緒に畳の海を泳ぎまくりました。
人混みが嫌いな父が選ぶ海岸は岩だらけ。
穴場というより誰も泳がない場所。

強めの高い波。
岩で怪我をすることなんてしょっちゅう。
それでも嬉しくて嬉しくて……。
大はしゃぎしました。

1年にたった1度の海。
ひと夏に1度しか行けない海。
子供にとっては、本当に待ちに待ったイベントでした。

あの頃、頑張って海に連れて行ってくれた父や母。
海に行くのは大変だったと思う。
大人でも海は楽しかっただろうか?
喜んでる私たちを見て、幸せだったのだろうか?

海のことを想うと、若かった両親のことを想う。
今の私よりずっと若い父と母。
恋でも青春でもなく、胸がキュンとします。

大分歳を取った私は……海は眺めるもの。
海水よりは温泉に浸かりたいかな。
でも、海を想う度に父と母に感謝します。

収穫したミョウガちゃん。

KIMG0676.JPG

昨日、冷奴に添えて頂きました。
これも夏の香り~♪



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇